Top | 協議会とは | 採光システムとは | 導入事例 | お問合せ・資料請求 | 製品紹介メーカー | 製品お問合せ窓口 | 公的支援制度 | 関連リンク
 太陽光採光システムとは
太陽光採光システムの位置付け
太陽光採光システムの定義
1) 採光システム方式・原理
2) 採光システムの用途
3) 省エネルギーについて
4) Q&A
5) 参考文献
 太陽光について
1) 太陽光と人工光
2) 光の単位
  (ルクス・ルーメン)
3) 太陽光と植物等
太陽光について

2)光の単位(ルーメン・ルクス)



(1)光 束
単位時間にある面を通過する放射エネルギー量を放射束と呼び、人の目に光感を与えるものは、380nmから780nmの範囲にある波長の放射束です。可視範囲の放射エネルギーによる光感の程度は、波長によって異なります。各波長の分光放射が等しい明るさを感じさせるのに要するエネルギー量の逆数を視感度と言います。さらに最大視感度を有する波長の視感度を1として、可視範囲の波長の視感度の比を分光視感効率と呼びます。
光束は、放射束と分光視感効率を基準にして測ったものです。光束の単位は、ルーメン(lm)で単位時間当たりに通過する光量です。
計算式
(2)照度E
ある点の照度は、その点に入射する光束の密度であり、微少面積dA(u)に入射する光束がdF(lm)であるとき、照度は次式によって示されます。照度Eの単位はルクス(lx)です。
計算式


 協議会とは  (導入事例)  製品のお問合せ・資料請求
 (採光システムとは)    システム選定方法  製品紹介メーカー
 太陽光採光システムの位置づけ  (太陽光について)  システム導入フロー  製品お問合せ窓口
 太陽光採光システムの定義  1)太陽光と人工光  採光システム別の施工事例  公的支援制度のお知らせ
  1)採光システム方式・原理  2)光の単位(ルクス・ルーメン)  
  2)採光システム用途   3)太陽光と植物      関連リンク
  3)省エネルギー      資料ダウンロード
  4)Q&A      事務局・案内図
  5)参考文献      Top